ボディシャンプーは髪用ではなく体用です

20161114

汗を物凄くかく夏の頃の話なんですが、「普通のシャンプーではなく、さっぱりタイプのボディシャンプーで一度洗うと、不快な皮脂汚れがごっそり取れる」と教わった事があるんです。
私も皮脂の分泌が多い体質なので、さっそくその日の入浴時に試してみました。
ちょうどさっぱりタイプのボディシャンプーがあったので、お湯で髪を濡らしてからボディシャンプーで軽く洗い流してみると……。
素人でも、肌触りというか指の通り方ですぐにわかりました。

皮脂どころかいろんなものがごっそり洗い流されて、まだ濡れているのにギシギシになっていました(笑)
この後に普通のシャンプーを使うつもりだったのですが、余計に大変な事になりそうだったので、トリートメントをいつもより入念につけてから流しました。
それでも洗い上がりがギシギシだったので、流さないタイプのトリートメントを髪全体によくなじませておきました。
ここまで対処して、翌朝にはギシギシはかなり緩和されていたのですが、やはり普段よりもごわつきが気になりました。

ボディシャンプーはあくまで体を洗うためのものであって、髪は素直に普通のシャンプーで洗うべきですね。
それを教えてくれた友人に話をしてみると、「私、普段から髪ごわごわな体質だから気にならないんだよね」って……それ、明らかにシャンプーの仕方が悪いのが原因だから!(笑)
やはり、ごわごわになったのはシャンプーの方法を変えた直後でして……もちろん、「もうやめた方がいいよ」とアドバイスしておきました。

ネット上でも、ボディシャンプーで髪を洗うのは良くないとされていますね……。
幸いにも対処法はあるのですが、それなら最初からしない方が良いと言いますか、無駄な労力は使いたくないです(笑)
シャンプーが切れているのに気づかず、止むを得ずボディシャンプーで代用したという話は聞いた事がありますが、そもそもそんな事態にならないよう日頃から注意したいものです。

Comments are closed.