面倒でも髪は乾かそう

泊りがけで外出した時の事です。ビジネスホテルに泊まったのですが、夜かなり遅かった事と疲労困憊だった事から、入浴後に髪を乾かすのが物凄く面倒で、髪と枕にタオルを巻いておき、そのまま就寝してしまいました。

言うまでもないのですが、翌朝の髪の状態は物凄く悪かったです。もともとボリュームがある上に癖毛ではあるのですが、普段以上に爆発ヘアーになっていました。そして、普段はシャンプーの香りが翌朝にも残っているのですが、この時はシャンプーだけではない、何とも言えないような臭いが頭皮から漂っているのがわかりました。
幸い、チェックアウトまでまだ時間に余裕があったので、もう一度シャワーを浴びる羽目に……。こんな事なら、眠くても素直に髪を乾かしてから寝るべきでした。

20161214

髪を乾かさずに寝るのはNGとあちこちで言われていますが、その理由はこういう事なんだなぁ、と改めて実感しました。学生時代は「髪を乾かすのが面倒」という理由で常にショートヘアを維持していたのを、ふと思い出しました。大人になってからは、ある程度ファッションにも気を遣うようになったので、どちらかというと髪を伸ばすようになったんです。「髪を乾かすのってこんなに面倒だったっけ?」と思うようになったのもそれから(笑)

ドライヤーの時間を短縮するためのコツもあるそうですが、夜は疲れているので、とにかくさっさと乾かして寝たいんですよ。でも、乾くのに時間がかかるという……。確かに量は多いけど、長さはそんなにないんです。
調べてみると、髪にダメージが蓄積しすぎていると、髪が潤いを維持しようとして水分が蒸発しにくくなるんだとか。なので、2日に1回は流さないタイプのトリートメントでケアしています。心なしか、髪に元気が出てきているようです。

この後、やるべき事をやったらお風呂に入って寝ます。面倒なので髪を乾かさずに寝る……なんて事はしませんよ(笑) またダメージを受けてしまうし、もうかなり寒くなったので風邪ひいちゃいそうです。

Comments are closed.