トリートメントを使わずに髪を伸ばしていた結果

何年か前に、「髪にヘアトリートメントをつけずに外出するのは、肌に化粧水や日焼け止めをつけずに外出するのと同じ」という話を聞いた事があります。
つまり、何もしていない状態のまま紫外線を浴びると、肌だけではなく髪もダメージが蓄積していくんだそうです。
日焼け対策となると肌のみ気を付けていましたが、これは盲点でした。

今はそうでもないのですが、数年前までは腰の辺りまで髪を伸ばしていました。
私は生まれつきのくせ毛で、それが原因でいじめられていましたので、さらさらのストレートロングなんて夢のまた夢でした。
それが、大人になって縮毛矯正をかける習慣がつき、一生無理だと思っていたストレートロングを維持できるようになったのです。
髪が長いと、重みでよりまっすぐになりやすいとも言われました。

photo

ただ、髪にも栄養が必要で、あまり長すぎると髪全体に栄養が行きわたらなくなるんですね。
根元に近ければ近いほどつやつやの健康な髪だったのですが、毛先に近ければ近いほど傷んでバサバサになり、色も若干抜けていました。
ピーク時には、枝毛が何本もできていました。

当時は知識が乏しく、ヘアケアなんて全くしていなかったので、さらに髪が傷みやすくなっていたんだと思います。
あまりにも傷み過ぎて枝毛・毛切れが毎日続いていたので、お気に入りのロングヘア維持を諦め肩にかからないくらいの短さまでバッサリ切ってもらいました。
その後は、切ってもらった美容師さんに勧められたトリートメントを毎日使い続けました。
それからロングヘアーだった時期が何度かありましたが、何もしていなかった頃と比べると、大きな違いがありました。
枝毛も毛切れもほとんどありませんでしたし、何よりさらさら感が増していました。

今はあまり長さにはこだわっておらず、縮毛矯正に至っては何年もしていません。
まぁ、縮毛矯正自体が髪へのダメージ大なので、これはこれでヘアケアになっているのかもしれませんね(笑)
でも、トリートメントはもちろん使っています。

Comments are closed.