アレルギー性鼻炎の薬を服用しています

私は、幼い頃からず~っと鼻炎に悩まされています。
小学生までは炎症が原因だったのですが、中学生くらいから急に体質が変わりました。
汚い表現で申し訳ないんですけど(笑)、鼻水が黄色のねばねばした状態から、透明のさらさらした状態になっていったんです。
でも、当時は知識がなかった事もあり、原因が判明したのは大人になってからでした。
多少ではあるけれど、アレルギー体質である事がわかったのです。

photo

それからは、アレルギー性鼻炎のための薬を処方していただいております。
今まで普通の鼻炎用の薬を服用してもほとんど変わらず、特に症状が悪化する梅雨~夏を過ぎると劇的に治まり、薬も服用しなくなる……という事を繰り返しています(笑)
しかし、アレルギー性鼻炎の薬を服用するようになってからは、梅雨~夏でも症状が治まるようになりました。
中学生の頃からずっと悩みだったので、ようやく解放されたようで安心しています。

でも、あくまで「専門の薬で症状を抑えている」だけであって、体質そのものが変わったわけではないんですよね……。
薬の服用を辞めれば、また辛い鼻づまりと酷い咳が襲い掛かってきます。
保険が適用されているとはいえ、薬代も積み重なっていくと結構な額になります。
それに、自宅周辺に耳鼻咽喉科とアレルギー科を併設している病院がなく、やや遠い病院へ通う事になるので、時間もかかります。

最近は母の鼻炎の薬を分けてもらっています。
母は花粉症持ちなので、私と同じくアレルギー性鼻炎の薬を処方されています。
はっきり言って、推奨される行為でない事は重々承知しております……。
市販薬では効果がありませんでしたし、病院は今の私では自力で通えない場所にありますので、その場しのぎといった感じです。

ただ、その薬のおかげで今年は悪化シーズンに突入しても症状がほとんど出ていないので、非常に助かっています。
時々鼻づまりが気になる事はありますが、例年に比べると大した事ないです。

Comments are closed.