ベストな髪の乾かし方

髪を洗った後、当然ドライヤーで乾かす事になるんですが、この時の乾かし方次第で髪が傷んでしまう事があるんだそうです。
最初はあまり気にしておらず、さっさと乾かして寝たかったので適当だったのですが、やはり乾かし方にもポイントがあるんですね。

まず、乾かさずそのまま寝てしまうと、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり不衛生なので、避けた方が良いとされています。
おまけに、髪がひどく傷む原因にもなるので、余程の事でもない限りは素直に乾かした方がずっといいですね。
今の季節、ドライヤーの熱でまた暑くなって顔や頭に汗をかいてしまう事もありますが、それこそタオルで拭き取れば済む話です。

髪が長かったり量が多かったりすると、どうしても乾かすのに時間がかかってしまうのですが、髪の傷みが原因で水分の蒸発に時間がかかり、結果として乾かす時間も伸びてしまう事を知りました。
確かに、もともと髪の量が多い上に今はロングヘアで、毛先がちょっとパサついてきたかなと思っていた矢先です。
暑い時期なので、傷んだ部分ごとばっさり切ってしまう選択肢もありますが、「せめて一定の長さは維持したい……」という人は、特にケアしないといけません。

私はタオルドライした髪の上に流さないタイプのトリートメントをつけてから乾かしているのですが、これが「正解!」だったのでちょっと嬉しいです(笑)
熱を与えた方がより浸透するかなと思っていたのですが、それ以上に熱のダメージから髪を守る効果があるんだそうです。
私みたいな爆発ヘアの持ち主は、毛先はもちろん髪全体につけた方がいいとアドバイスされた事があるので、なるべく意識してつけるようにしています。

乾かす時も、適当にやっていると結局髪がボサボサになってしまうので、なるべく毛の流れに沿うのが大切だと教わりました。
例えばワンちゃんをシャンプーした後、当然毛並みに沿って乾かす人が多数だと思われますが、人間にも同じ事が言えるんですね。
これを意識するようになってから、お風呂上りの爆発頭は幾分抑えられるようになりました。

Comments are closed.