ヘアアイロンのメリットとデメリット

癖毛の私にとって、ヘアアイロンはかなり重宝する存在です。
特に前髪のうねりが頑固なので、ある程度おしゃれして出かける時はヘアアイロンで前髪を伸ばしています。
それでも一日もたないんですけどね(笑)

photo

ヘアアイロンは100℃以上……物にもよりますがだいたい170℃前後まで設定する事ができます。
高温の方がより伸ばしやすいので、私も160℃~170℃まで熱してから使っています。
夏場は暑いので150℃くらいで伸ばしていたのですが、あまり伸びを実感できなかったので、それからは夏でも我慢して高温にしています。

ただ、そうすると今度は髪へのダメージが心配になってくるんですね。
100℃オーバーな時点で、肌に触れたら火傷必至。
1mmもない髪をそんな超高温のもので挟み込んでいるわけですから、多少なりとも髪へのダメージは避けられません。
だいぶ前に放送されていたテレビ番組で、ヘアアイロンを数秒間同じ箇所にあてていたところ、その部分が焼ききれて下の部分の髪がバッサリ状態になってしまった少女が紹介されていました。
伸ばすのではなく巻くためにヘアアイロンを使用していたので、ある程度同じ箇所であて続ける必要はありますが、高温すぎ&固定しすぎでああなってしまったのでしょうね。
あそこまでいくと、もうダメージ云々の話じゃなくなります。場合によっては、ヘアアイロンがいらないくらいのショートカットにしなければならないでしょうし……。

これは極端なケースなので普通に使っていれば関係ありませんが、やはりその後のケアはしておくに越した事はないでしょうね。
洗い流さないタイプのトリートメントで傷んだ髪の表面を保護して、これ以上傷まないようにするのが大切です。
髪を守る事を優先するなら、そもそもヘアアイロンを使わないのが最大の対策方法なのですが、それはそれで困ってしまうんですよね(汗)
多少の犠牲はつきもの、という事でしょうか。なくてはならない存在なので、これからもトリートメントでケアしつつ愛用し続けます。

Comments are closed.