10月 2015 archive

大人の嗜み!?媚薬の効果

この年になると、周りの友人が次々と彼氏が出来たり、結婚するようになりました。
私自身は恋愛や結婚に対する感情はなく、そもそも出会いがありません(笑)
ただ、よくあるような「リア充爆発しろ」なんて感情も特にありません。
言うとしてもその場の雰囲気に合わせた完全なネタであって、本気じゃないです。

今年から彼氏と付き合い始めた友人も、かなりラブラブカップルのようです。
そこまでラブラブなわけですから、当然やる事もやっているようです(笑)
別にそれ自体は何とも思わないというか、むしろカップルなら自然な事です。
でも、わざわざご丁寧に話してくれるんですよ……惚気なのか自慢なのか。
素直に聞いてあげるようにはしているんですけどね。

ちなみに先日は、ついに媚薬プレイに至ったとの情報を、ご本人様から直接いただきました。
しかも、わざわざ海外からお取り寄せしたそうです。

photo

個人的には、国産の方が何かと安全なんじゃないかと思ったのですが、本人たちは国産の方が微妙との事でした。
確かに、日本と海外とではこういうものに対する基準が違うのかもしれませんね。

使い心地はというと、「結構いい!」という評価。
うっかり使いすぎると大変なので、加減が大切と言ってました。
海外で生産されているものですから、効果の基準もあちらに合わせているのでしょう。
日本人には効きすぎるようです(笑)

こういうのはどうしても個人によって差が出てくるので、チョコレートラブ口コミで検索してみました。
すると、どうやら効果を実感できたのは友人カップルだけではないようです。そりゃそうか。

友人は、周りのカップルや夫婦に勧めているそうです。
どちらかというと、カップルより既婚の主婦の方が食いつきが良いとの事。
カップルはともかく、夫婦はどうしてもマンネリというかセックスレスになりがちなので、需要は高いんでしょうね。
妊娠希望であってもなくても、こういったアイテムの存在は重宝されるでしょう。

トリートメントを使わずに髪を伸ばしていた結果

何年か前に、「髪にヘアトリートメントをつけずに外出するのは、肌に化粧水や日焼け止めをつけずに外出するのと同じ」という話を聞いた事があります。
つまり、何もしていない状態のまま紫外線を浴びると、肌だけではなく髪もダメージが蓄積していくんだそうです。
日焼け対策となると肌のみ気を付けていましたが、これは盲点でした。

今はそうでもないのですが、数年前までは腰の辺りまで髪を伸ばしていました。
私は生まれつきのくせ毛で、それが原因でいじめられていましたので、さらさらのストレートロングなんて夢のまた夢でした。
それが、大人になって縮毛矯正をかける習慣がつき、一生無理だと思っていたストレートロングを維持できるようになったのです。
髪が長いと、重みでよりまっすぐになりやすいとも言われました。

photo

ただ、髪にも栄養が必要で、あまり長すぎると髪全体に栄養が行きわたらなくなるんですね。
根元に近ければ近いほどつやつやの健康な髪だったのですが、毛先に近ければ近いほど傷んでバサバサになり、色も若干抜けていました。
ピーク時には、枝毛が何本もできていました。

当時は知識が乏しく、ヘアケアなんて全くしていなかったので、さらに髪が傷みやすくなっていたんだと思います。
あまりにも傷み過ぎて枝毛・毛切れが毎日続いていたので、お気に入りのロングヘア維持を諦め肩にかからないくらいの短さまでバッサリ切ってもらいました。
その後は、切ってもらった美容師さんに勧められたトリートメントを毎日使い続けました。
それからロングヘアーだった時期が何度かありましたが、何もしていなかった頃と比べると、大きな違いがありました。
枝毛も毛切れもほとんどありませんでしたし、何よりさらさら感が増していました。

今はあまり長さにはこだわっておらず、縮毛矯正に至っては何年もしていません。
まぁ、縮毛矯正自体が髪へのダメージ大なので、これはこれでヘアケアになっているのかもしれませんね(笑)
でも、トリートメントはもちろん使っています。